インプラント治療の症例(3)他院での下顎の“総入れ歯”が合わなかった方の症例

インプラント治療の症例トップへ戻る

他院での下顎の“総入れ歯”が合わず、胃潰瘍で入院された既往があり、インプラントを希望された患者様の症例

69歳・男性

術前

術前レントゲン写真

下顎に“総入れ歯”をしていたが、安定が悪く“入れ歯安定剤”を使用しながら食事をしていたが、“入れ歯”が動いて思うように食事が出来ず、胃潰瘍で入院した経験があるとの事。

完成

完成後レントゲン写真

インプラント13本(右下654321、左下1234567)を下顎に植立(所要時間約45分)。2ヵ月後、セラミックの型を採り、約2週間+αでセラミックを装着したレントゲン。

インプラントにセラミックを装着した写真。

インプラントにセラミックを装着した写真。術後、2ヶ月と2週間少しでセラミックが装着された。