インプラント治療の流れ

当院ではシュミレーションソフトの導入により顎骨形態骨質を三次元で解析、数値と画像で精確な情報を把握し、安全で確実、高い機能性と審美性を実現しています。

顎骨形態の立体的診査

インプラント埋込部位の骨形態およびその周辺の解剖構造との位置関係を診査。特に歯槽骨の萎縮や頬舌的形態、切歯管・鼻腔底・上顎洞底・上顎結節などの位置、下顎管の走行などを正確に立体的診査します。

顎骨の骨質の診査

インプラント埋め込み位置やその周囲のCT値を計測し、骨質の状態を知ります。それにより、骨質の良質の部位を選び、インプラントを埋入できます。また、インプラントの長径・幅径・本数の選択、骨移植の必要性の有無などを術前に知ることができます。

マグネティックマレット使用(スウェーデン製)

世界最新型上顎洞挙上器

骨と骨膜を一緒に挙上するため、骨膜を破りません。自家骨が“ちみつ”に集まるため、植立したインプラントは抜けません。術後、痛み、腫れはありません。所要時間は1分以内です。

最終補綴物の形態の診査

最終補綴物の種々の形態(歯の形)の診査、すなわち歯肉の厚み、歯肉から歯の頂点までの距離、歯の頂点との角度、インプラント上縁から歯の頂点までの距離、歯の長さ/インプラント比を診査し、完璧で審美性に優れた歯を入れることができます。

クローバー
UKIMA PARK DENTAL CLINIC